フォーマルにも使える腕時計

今お持ちの腕時計は、ビジネス用ですか?普段使いのものですか?

カッチリしたスーツに合うカッコイイ時計、プライベートシーンでドレッシーな腕時計、カジュアルな休日に合う時計など、用途ごとに付け替えることはなかなか難しいですよね。でも大人の嗜みも気になります。

 

冠婚葬祭のとき、女性のバックって小さいですよね。

財布も入らないくらいの小さいバックに、ハンカチ、ちり紙、化粧直しの道具、もちろんスマホ。

「時計をしなくても、スマホで見ればいいか・・・」ってなりがちなんですけど、

時間を気にしながら、動かなきゃいけないからわざわざバックあけてスマホみてってエレガントじゃないし、面倒だったりしますよね。

けど、フォーマル着に合う時計って普段着に合わなくてなど意外と難しいところがあります。悪目立ちせずに、存在感のあるものをつけていたい。そしてもちろん防水も! フォーマルな場面でも意外と水仕事が多いので、防水機能がないと困ります。

 

南雲時計店ではビジネス、カジュアル、さらにフォーマルにも対応可能なドイツ腕時計をご紹介いたします。

Sinn-456.ST M
Sinn-456.ST M

パイロットウォッチのSinnでは稀な女性のために作られた腕時計なのです。

通常、レディースモデルはクォーツムーブメント(電池式)がほとんどですが、プロフェッショナル向けの計測機器メーカーであるSinnらしく自動巻きムーブメントが搭載され、余分なものが一切なくした洗練したデザイン。ガラスはサファイアガラスで傷にも強いです。文字盤のブラックに白文字の組み合わせは、視認性も高くシャープな印象を与えます。まさに技術とエレガントを両立させた腕時計です。

裏側はサファイアガラス・スケルトンです。
裏側はサファイアガラス・スケルトンです。
暗所での様子
暗所での様子

自動巻きって!?


クォーツ(電池式)と自動巻きってどんな差があるのかしら?って思われた方もいらっしゃると思うので少しだけ。

 

自動巻きは、ただ腕にはめて日常生活をおくるだけで、機械内部中央にある円形のローターが腕を動かすことによって回転し、その動力が「テンプ」と呼ばれる部品に伝わり、これが秒針を動かします。動力が電池ではなく腕を動かすことなんです。

例えば、海外によく行かれる方などにオススメです。海外で突然電池が止まった場合、旅先で電池交換とか面倒ですよね。

電池と言うのは中に液体が入っていますので万が一(実際には、千が一ぐらいの確率ですが)液漏れすると中の機械がやられます。止まったままの状態で放置しておくのは危険です。
クオーツは電池交換をするため、2~3年の周期で電池交換をしなければなりません。 そうなると、そのたびごとに外気に触れ機械全体が古くなってきます。

 

もちろん、自動巻きもメンテナンスが必要です。部品と部品の摩耗が生じる箇所の油が劣化、酸化するため油切れになり、油切れでの使用はパーツの摩耗につながり、時計の寿命に大きく影響します。永く愛用していただくには、分解掃除(オーバーホール)をできれば5年に1回はしていただきたいです。定期的なメンテナンスと、ご自身の腕の動きが自動巻きのご飯になるなんて可愛いやつなんです。

 

もしかして、メンテナンスの心配してますか?


南雲時計店はドイツ腕時計・腕時計修理専門ですので、あなたの時計を安心してご利用いただけるように永くサポートさせていただきたいと思っております。南雲時計店はSinnの正規品ですので保証も安心です。

修理やオーバーホール(分解掃除)もSinnの腕時計の特性を熟知した技術者があなたの時計をサポートしますので、安心して永く愛用していただけます。

■Sinn-456.ST M

 

自動巻 
 SSケース(直径・28ミリ/厚さ・9.5ミリ) 
20気圧防水(200m相当・非ネジ込み式リューズ)
サファイアガラス(高透明度の両面無反射コーティング付)
(裏蓋もサファイア) 
SSプッシュロック式観音開きブレス

ベルト幅 14mm 

価格 

   ¥240,000-(税別)

保証期間 

    2年


ドイツの腕時計って最初から修理ができるようにつくられているので、メンテナンスをして愛用していただければ世代を超えてご利用できます。だからこそ、デザインだけでなく、機能性も重視しているSinnの時計をご紹介させていただきました。

ご購入いただいたお客さまの声



まずはお問い合わせください


タップして電話できます!!

『大人の456腕時計』と伝えてください。

 



メールはこちら

件名に 『大人の456腕時計』 と入力してください。

 

info@nagumo-watch.com



Sinn Speziauluhren zu Frankfurt am Mail

日本語では「ジン特殊時計会社」という意味です。

なぜ特殊時計会社なのかというと、創業者であるHelmut Sinn(ヘルムート ジン)氏はドイツ軍パイロットで飛行教官であり、その経験を生かした時計作りをして、1961年に自らの名前をブランドとしてフランクフルトでパイロット用の時計を作り始めたのがその発端です。身に着ける人が生涯信頼できる極限的状況でも最高の精度を保証する時計を製作しています。